お問い合わせ

大学案内

3つのポリシー

現代ビジネス学科

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

現代ビジネス学科では、企業実務等の現場で即戦力として活躍できる人材の育成を目指して教育を行っています。卒業時には以下の力を身に付けていることを目標要件とし、十分な学修成果を挙げた者に対して「短期大学士(経営実務)」の学位を授与します。

  1. ① 正しい勤労観と社会への意欲的な参画意識を持っている。
  2. ② 経済社会および企業経営の諸活動の知識を持っている。
  3. ③ 実務に必要な基礎知識と技術を有している。
  4. ④ 職場および家庭の生活環境に適応できる知性と情操を持っている。
  5. ⑤ 職場および家庭において、望ましい人間関係を保つことができる。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

現代ビジネス学科では教育研究上の目的を達成するために、教養科目と専門科目を組み合わせ、かつ講義系科目と演習系科目をバランスよく配置し、ビジネス実務の諸分野について理論と実務を統合して理解できるように教育することを方針として、以下の科目を編成しています。

「教養科目」

教養科目は、専門科目の基礎学力を養い、さらに人間として意義ある生活を営むための教養を深めることを狙いとし、主として、人文、社会、語学、保健体育といった分野によって構成されています。

「専門科目」

専門科目は現代のビジネスの現場において必要とされる、以下の4つの能力開発を目的として、教育プログラムを編成・実施しています。

  1. ① 経済社会と企業活動の仕組みを理解する「専門基礎科目」
  2. ② ビジネス実務の専門的知識と技術を身につける「コース科目」
  3. ③ 大学での学びの基礎能力を身につけ、自己の課題を探求する「ゼミナール」
  4. ④ 資格取得を通じて専門性を高め、就業力の向上を目指す「資格対策」

入学者受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

入試を通して、現代ビジネス学科が求めるのは

  1. ① 経営の全体をとらえた上で、組織内で自らのポジションと仕事への正しい理解を持つ人
  2. ② 自立心を持ち、経営実務のスペシャリストたる人

を目指す学生です。

企業等の組織では個人のみではなく、周囲の人と力を合わせて仕事を遂行していきますので、自分の役割を的確に把握する必要があります。つまり、漫然と一緒に仕事をするのではなく、自分の守備範囲を認識し、専門性を生かし責任感を持って仕事に取り組む必要があります。また、企業等が求めているのは、指示されたことだけを実行するのではなく、自ら自分のなすべきことを判断し、方法を考え実践することができる人材です。現代ビジネス学科では、その能力を身につける意欲があり、友人と共に切磋琢磨しながら成長できる方を求めます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ