お問い合わせ

大学案内

3つのポリシー

幼児教育学科 第一部

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

幼児教育学科第一部が大切にしているのは、「子どもの心に寄り添うことのできる保育者」を育てることです。卒業時には、豊かな感性と教養、保育ニーズに対応する実践力を身につけた自立した職業人として、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生は、卒業が認定され、「短期大学士(幼児教育)」の学位を授与されます。

  1. ① 社会で求められる基本的な教養とコミュニケーション能力の獲得
  2. ② 保育者に求められる専門的知識と技能の獲得
  3. ③ 子どもの「夢中」をひきだすことのできる豊かな感性の獲得
  4. ④ 自ら学び考える自律的な学習姿勢の獲得

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

幼児教育学科第一部のカリキュラムは、豊かな感性と良識を兼ね備えた教養人であると同時に、多様化する現代の保育・教育ニーズに対応できる、優れた実践力を持つ保育者を育成することを目指し、編成されています。そのカリキュラムは教養科目と専門科目から成り、教養科目については自立した職業人に必要とされる「豊かな感性と教養の涵養」、専門科目については「保育理論の理解」「保育の内容と方法の理解」「課題探究能力の育成」を大きなねらいとしています。

幼児教育学科第一部の教育理念、教育目標に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生は卒業が認定されます。カリキュラムの中で、ねらいを実現させるために設定された目標は以下の通りです。

「教養科目」
<豊かな感性と教養の涵養>
  1. ① 急速に変化する時代における諸課題に鋭敏に反応する感性とその課題に取り 組むための知性の習得
  2. ② 職業人として求められる美しい表現力の涵養
  3. ③ 外国の優れた文化を理解し、国際化に対応できる能力の育成
  4. ④ 健康の維持・増進並びに明朗な心身の育成
  5. ⑤ 高度情報化社会の進展に対応する基本的な情報処理能力の習得
「専門科目」
<保育理論の理解>
  1. ① 保育や教育・養護の目的の理解
  2. ② 保育の対象である子どもやその保護者についての理解
<保育の内容と方法の理解>
  1. ③ 保育・教育の内容や実践の方法の理解
  2. ④ 保育・教育実践を支えるための基礎的な技能の修得
<課題探究能力の育成>
  1. ⑤ 自ら課題を発見し、学んだことを基に研究を重ねることを通して、進んで保 育実践力を高めていく姿勢や能力の獲得
【取得できる免許・資格】
幼児教育学科 第一部で取得できる免許・資格は以下の通りです。

幼稚園教諭二種免許状、保育士資格、
レクリエーション・インストラクター資格、ピアヘルパー受験資格

入学者受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

入試を通して、幼児教育学科第一部が求めるのは、次のような学生です。
「保育者として豊かな感性と教養を身につける意欲と目的意識を持ち、熱意のある人」つまり、

  1. ① 子どもと共に、自分らしさを表現できる人
  2. ② 学生生活を通じて、理想の保育者像をめざして努力できる人

豊かな感性と教養、保育ニーズに対応する実践力を身につけ、自立した職業人を育成するという幼児教育学科第一部の教育理念に共感し、自ら学び、考え、行動できる人を求めます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ