お問い合わせ

幼児教育学科

先輩からのメッセージ

保育に欠かせないのは、豊かな感性や表現力。恵まれた学修環境と教育体制で、きっと、無限に伸びていく。

藤原 茜
幼児教育学科 第一部(2年)
愛知・蒲郡高等学校 出身

新人の頃は、無我夢中で
わからないことだらけ。
その時、力になるのは、
実習で身につけたしなやかな対応力。

須田 理紗子・福井 菜月

先生の熱い指導のもと磨いた
スキルを生かせています。

OG

須田 理紗子
卒業生の先輩/岡崎市役所 六ツ美北保育園 勤務

幼児教育学科 第一部
(2015年3月卒業)
愛知・岡崎東高等学校 出身

先生の熱い指導のもと磨いたスキルを生かせています。

福井さんもそうかもしれませんが、学生時代を振り返って一番印象に残っているのは、数々の実習です。特に保育現場に出て実感するのは、先生の手厚い指導について。実習記録をまとめたレポートをていねいに添削してくださったことで、今、実際の業務でもスムーズに記録をまとめることができています。当時は、真っ赤になって返ってくるので落ち込んだりしたものですけど。それでも先生の熱い指導があったからこそ、実りある実習になり、1年目、2年目でも物怖じせず子どもたちに向き合うことができるのだと思います。オカタンで学んだ日々は決して裏切りません。福井さんも頑張ってくださいね。

子どもの気持ちに寄り添う。
その意味を感じた実習でした。

新社会人

福井 菜月
後輩/田原市役所 稲場保育園 勤務

幼児教育学科 第一部
(2017年3月卒業)
愛知・成章高等学校 出身

子どもの気持ちに寄り添う。その意味を感じた実習でした。

先輩のお話を聞いて、私も実習のことが思い出されました。一番印象に残っているのは、3週間の幼稚園実習です。ちょうど運動会の時期だったのですが私が担当した年中さんには、年長さんのお兄さんお姉さんの姿がとってもかっこよく映ったようで。担任の先生も子どもたちの前向きな気持ちを察し、「年長さんみたいに、竹馬にチャレンジしてみようか」と声を掛けていました。授業や実習先でよく聞く「子どもの気持ちに寄り添う」という意味が、実習のこの場面でわかったように思います。授業で知識を得て、実習で身につける。このサイクルで得た保育現場に必要な力を発揮して、保育者として成長していきたいです。

ページの先頭へ

ページの先頭へ