お問い合わせ

幼児教育学科

カリキュラム

育てるのは、子どもと響き合う感性、そして保育者としての実践力。

多様化する現代の保育・教育ニーズに対応できる、優れた実践力を養成し、あわせて豊かな感性と良識を持つ保育者をめざすことを主眼としています。

育てるのは、子どもと響き合う感性、そして保育者としての実践力。

教養科目

ねらい
保育者として求められる豊かな教養を身につける
科目
  • 日本国憲法
  • 外国語コミュニケーションⅠ・Ⅱ
  • 日本語表現
  • 情報基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • 健康とスポーツ(実技・講義)
  • くらしと経済

専門科目

基礎理論 知識・制度
ねらい
保育の基本的な考え方や歴史・制度を知る
科目
  • 社会福祉
  • 保育原理
  • 保育者論
  • 児童家庭福祉
  • 教育原理
  • 社会的養護
  • 相談援助
  • 保育相談支援
  • 教育制度・政策論第一部のみ
  • 保育入門
保育内容
ねらい
保育の専門知識と実践的な技能を修得
科目
  • 保育内容総論
  • 保育内容演習(健康・人間関係・環境・言葉・表現)
  • 乳児保育Ⅰ・Ⅱ
  • 指導法の研究
  • 幼児理解の理論と方法
  • 児童文学第一部のみ
  • 障害児保育Ⅰ・Ⅱ
  • レクリエーション概論・演習・実習
  • 社会的養護内容
  • 教育方法論
  • 保育課程論
保育技術
ねらい
音・美・体の感性と技術を磨く
科目
  • 基礎音楽Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児音楽Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児体育Ⅰ・Ⅱ
  • パフォーミングボディ
  • 基礎造形
  • 幼児造形Ⅰ・Ⅱ
  • 児童文化演習Ⅰ・Ⅱ第一部のみ
  • 児童文化演習第三部のみ
心理・保健
ねらい
子どもの心や生活、保護者との関わりを学ぶ
科目
  • 家庭支援論
  • 発達と教育の心理学
  • 発達と教育の心理学演習
  • 保育カウンセリング
  • 子どもの保健Ⅰ・Ⅱ
  • 子どもの保健演習
  • 子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ
実習
ねらい
学んできたことを保育の現場で実践
科目
  • 教育実習(事前・事後指導を含む)
  • 保育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 保育実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
研究
ねらい
学んだ成果をまとめて発表
科目
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ第一部のみ
  • 基礎演習第三部のみ
  • 保育・教職実践演習(幼)
  • 子どもの研究Ⅰ・Ⅱ
  • 保育表現演習

※ここに掲載したカリキュラムは、2016年度の内容です。 ※カリキュラムは変更する場合があります。

子どもたちの生きる力を引き出す「音・美・体」の知識・技能を高めます。

音

幼児音楽Ⅰ・Ⅱ

幼児音楽Ⅰ・Ⅱ
ピアノの弾き歌いや手遊びを通し、音楽の表現力と演奏技能を高めます。学ぶのは、わらべうた、童謡、アニメソングなど、どれも子どもたちに人気の曲ばかり。初心者から上級者まで、一人ひとりのレベルに合った丁寧な指導を受けられます。

パフォーミングボディⅠ・Ⅱ

パフォーミングボディⅠ・Ⅱ
現場で柔軟に対応するためには、心とからだを深く開放することが必要です。本科目では、ボイス(声)とダンス(身体表現)からアプローチし、自由に身体を使って子どもとコミュニケーションをとれるようになることをめざします。

体

幼児体育Ⅰ・Ⅱ

幼児体育Ⅰ・Ⅱ
子どもの運動特性や環境構成、指導計画を学びます。付属幼稚園の協力のもと行う実践では、鉄棒、マット運動、平均台などの遊びを通し、子どもの年齢や特性に合った指導、補助・援助や安全管理の方法を身につけます。

子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ

子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ
子どもたちが健全な心とからだを培うための「食育」を学びます。栄養の基礎知識、子どもの発育に関する知識を習得し、調理実習では離乳食や彩り豊かなお弁当を作ります。

美

技能と感性を磨き、子どもたちの情操を育みます。

講師 米窪 洋介

保育者にとって、絵を描いたり、紙でものを作る造形活動のスキルは必要不可欠。本学科では、「基礎造形」、「幼児造形Ⅰ」、「幼児造形Ⅱ」の3つの授業を通して造形技術を段階的に身につけるとともに、幼児の発達について学びます。たとえ、高校以前の美術や図画工作に苦手意識があっても問題ありません。現場では、保育者が造形活動を心から楽しむことで、子どもたちの造形への興味を高めることが重要です。まずは授業のなかで、あなたが表現したいものを作り、豊かな感性と基本的な技能を養ってください。ここで培ったあなたの感性と技能は、将来、子どもたちが造形活動を通して自由な発想力や表現力を身につけていくベースになるはずです。

講師 米窪 洋介

その他の授業
子どもの研究Ⅰ・Ⅱ
音楽、美術、体育などのテーマにわかれて行う少人数制の実践的なゼミ。それぞれの専門分野について学びを深めます。
教育実習(事前・事後指導を含む)
事前指導では幼児との関わり方や提出書類の書き方など。実習後は、目標とする保育者になるための課題を見つけます。
相談援助
子育てに悩みや不安を抱える保護者の相談にのることも保育者の務めです。そのためのノウハウを事例から学び、ロールプレイで身につけます。
女性の自立と人権
現代社会における女性の現状と背景を考えます。これから社会に出て女性が向き合う課題への理解を深めます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ