お問い合わせ

幼児教育学科

教育システム

「経験」をベースに成長する、半世紀の歴史が育てあげた教育システム。

本学には、自ら体験し、自ら学ぶ「実習」を根幹に据えた、独自の教育システムがあります。
このシステムを築き上げたのは、50年以上にわたって、地域で信頼され、愛される保育者を育て続けてきた「実績」と、付属幼稚園3園の運営によって現場からの要請に応え続けてきた「現場感覚」です。
机上の空論に終わらない、つねに現場で求められる実践力が備わった保育者を送り出すシステムがここにあります。

「経験」をベースに成長する、半世紀の歴史が育てあげた教育システム。

Step01
コミュニケーションワークショップ
入学したての仲間たちと「保育者」をめざす。
夢を互いに確認し合い、チームワークを築きます。

コミュニケーションワークショップは、入学して間もない時期に2日間かけて行われ、クラス単位で、歌やダンス、手話などを練習し発表します。また、クラス対抗運動会なども実施されます。この取り組みを通じて、これからの学生生活のなかでともに学んだり、ともに夢をめざす仲間との団結力を高めていきます。一人ひとりの特色を生かしたチームワークや協力体制、困った時や悩んだ時にも支え合うつながりが生まれます。

◎オカリンピック

クラス対抗の運動会です。チームに分かれドッジボールや大縄跳びに取り組みます。スポーツを通じて友情も芽生えます。

◎クラス発表

クラスごとにテーマに合わせた舞台表現を行います。短い期間で作品を創り上げることで、クラスが一気に団結します。

◎保育特別講座

保育の現場で活躍している保育者、また本学の卒業生である先輩を講師に迎え、手遊びやパネルシアターを体験します。

◎交流会

全体のワークが終わった後は、みんなでランチを食べながら、楽しかったことや頑張ったことなどを振り返ります。
同じ夢を追う仲間との距離を縮める、最初の大切な行事。
黒栁 咲良
幼児教育学科 第一部(2年) 
愛知・半田商業高等学校 出身

黒栁 咲良

最終日は、クラスごとに劇を発表します。Bクラスの私たちは「保育者にとって大切なことはBrightness(明るさ)」をテーマにストーリーを組み立てて、披露。元演劇部の子が脚本を考え、ピアノが得意な子が歌の指導をして、手先が器用な子が衣装作りを行い、一人ひとりが得意なことを持ち寄って、作品を完成させました。同じ目標に向かって協力し合うコミュニケーションワークショップは、入学したての私たちにとって、仲間の性格や長所を知るいい機会となり、お互いの距離を縮めるきっかけとなりました。この経験があったからこそ、クラスのみんなで保育者になる夢をかなえようと、団結できたように思います。

Step02
実習
第一部テンポよく実習に取り組み、スキルを定着。実践から子どもの理解を深めます。

第一部

2年間という期間のなかで、テンポよく実習に取り組む第一部。実習と実習の間が短いため、子どもたちとふれあい、実習先の先生との関わりの中で見つかった課題を、記憶が新しいうちに次の実習の目標として掲げ、学びを深めることができます。また、徹底した実習の事前事後の指導を通して、体験をスキルとしてしっかりと定着できるよう、カリキュラムが組まれています。

第三部第三部ならではの“時間のゆとり”を味方につけて、充実の実習が実現できます。

第三部

3年間かけて学ぶ第三部では、ゆとりある時間を活用して濃密な実習が実現します。午後の空き時間を実習の事前準備や実習後の振り返りに使うことで、自信を持って保育現場に向かうことができ、体験を知識として定着させることができるからです。不明な点や不安なことがあれば、担当教員はもちろん「教職・保育職支援センター」のスタッフが手厚くサポートしていきます。

実習指導のしくみ 〈第一部・第三部共通〉

実習事前指導
事前に訪問する実習施設の概要を知り、子どもの生活や保育者との関わりを学びます。また、子どもと楽しくふれあう遊びや、記録の書き方などを学習。実習に向けた課題を明確にします。

実習
実習の流れ
  1. 見学実習(付属幼稚園)

    1週間、付属幼稚園において、一日の幼稚園生活の流れや、保育者の実際の仕事を間近に見るという初めての現場を体験します。

  2. 保育実習(保育所)/2回

    それぞれ約10日間の日程で実施します。保育の現場では、授業で学んだ弾き歌いや手遊びなど、さまざまな知識や技術を実践します。

  3. 保育実習(施設)

    約10日間に及ぶ宿泊実習です。児童福祉施設などで、子どもたちと生活をともにしながら、子どもの年齢に応じた援助の方法などを学びます。通所実習の場合もあります。

  4. 教育実習

    幼稚園で行う3週間の実習です。これまでの学びを生かし、登園から降園まで、一日すべてを任される実習も体験します。

実習事後指導
実習での体験を振り返り、めざす保育者像に近づくために、何が不足していたのか、これから何をなすべきかを考えます。また、実習園の先輩保育者や園長からの指導を受けて、実習での成果と反省を明確にします。

Step03
幼児教育祭
保育者をめざして学んだことの集大成として、子どもと遊び、響き合う2日間。

年に一度の「幼児教育祭」には、たくさんの地域の子どもたちが訪れます。このイベントで、子どもたちに夢中になって遊んでもらえるよう、学生たちは日頃の学習成果や培ってきたチームワークを生かし、表現活動に工夫を凝らします。準備には多くの時間が費やされますが、この期間を通じて学生たちは実習で体験したことを思い出すとともに、子どもと保護者の「心に届く子育て支援能力」について考えながら、準備を進めています。子どもたちが、身体を思い切り動かす遊びや演劇などを心から楽しむことで、好奇心や創造力が高まっていくことを学生たちは体験的に学んでいきます。

ミュージカルを通じて、仲間の素晴らしさを発信。
柴田 苑佳
幼児教育学科 第一部
(2017年3月卒業)
愛知・星城高等学校 出身
岡崎市役所 井田保育園 勤務
ファンタジーワールド 早川 奈那
孫悟空をモチーフにしたミュージカルに取り組みました。この作品のテーマは「仲間」。より良い作品をつくろうと切磋琢磨し合ったことで、演者である私たち自身も「仲間の大切さ」を学ぶことができたと感じています。
ファンタジーワールド
◎ファンタジーワールド
歌あり、ダンスありの楽しい時間。会場に設置されているプロジェクターなどを活用した、アイデア満点の作品が上演されます。
「お星さまかわいい!」
子どもたちの言葉は、宝もの。
廣濱 加菜子
幼児教育学科 第一部(2年)
愛知・蒲郡東高等学校 出身
キッズ・カーニバル 廣濱 加菜子
『お星さまみーつけた』という絵本を題材に、お星さま探しゲームなどを企画。装飾班の一員として工作用の材料を用意したり、壁を飾ったり。身近な材料を活用する力やクラスの仲間のために頑張る力を磨くことができました。
キッズ・カーニバル
◎キッズ・カーニバル
主として卒業学年以外が担当。ゲームや工作のブースを企画します。子どもたちは鬼退治に出かけたり、お店やさんごっこを楽しみます。
表現の力を借りて、子どもたちへメッセージ。
米本 芽生
幼児教育学科 第三部
(2017年3月卒業)
愛知・大府高等学校 出身
知多市役所 新田保育園 勤務
スマイルステージ 米本 芽生
「おもちゃやモノを大切にしてね」。言葉では伝わりにくいお願いを、劇で表現することでメッセージを伝えようと考えました。常に子どもたちのことを考え、作品をつくることで、子どもに寄り添う心を磨くことができたように思います。
スマイルステージ
◎スマイルステージ
中規模の階段教室で子どもたちと近い距離で演劇が行われます。「仲間の大切さ」や「夢を持つ素晴らしさ」などを伝えます。
円滑に準備を進めるには、対話と情報共有が大事。
加藤 さやこ
幼児教育学科 第一部
(2017年3月卒業)
愛知・豊川高等学校 出身
新城市役所 八名こども園 勤務
子どもランド 加藤 さやこ
『ピーターパン』や『星の王子さま』などの絵本をモチーフにした巨大迷路をつくりました。私はリーダーとして2つのクラスの橋渡し役を担い、全員が情報を共有することの重要性に気づきました。
子どもランド
◎子どもランド
2クラス合同で体育館全体に巨大迷路を出現させます。迷路の途中には運動遊びをもとにしたアトラクションが用意されます。
相手の気持ちを汲み取る難しさと楽しさを実感。
水越 日菜
幼児教育学科 第三部
(2017年3月卒業)
愛知・松平高等学校 出身
岡崎市役所 細川保育園 勤務
シアターランド 水越 日菜
音楽劇で「ワル猫」役を演じました。さらに舞台監督として演技指導も行ったのですが、的確にアドバイスすることや思いを伝える難しさに直面。作品づくりを通じて、相手の思いを受け止めることの大切さに気づきました。
シアターランド
◎シアターランド
劇中の曲はすべて生演奏。電子ピアノや木琴の音色に合わせてお話が進みます。会場は学生たちが創り上げる世界観に包まれます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ