お問い合わせ

幼児教育学科

幼児教育学科第三部

学業と仕事を両立し、即戦力の保育者へ。

企業の社員やアルバイトとして、実社会で働きながら、幼児教育を学ぶことができる第三部。
1週間のうち6日、午前中1日2時限の授業を受け、実習などを経て、「幼稚園教諭二種免許状」と「保育士資格」を3年間で取得します。
本学科で身につけた幼児教育の専門知識と実践力に加え、社会人として培ったスキルや広い視野を生かした即戦力となる保育者を養成します。

第三部のおすすめポイント

第三部では3年間をかけて学び、「幼稚園教諭」と「保育士」の資格取得をめざします。
午後の時間を生かして企業で働いたり、アルバイトするなど、働きながら学びたいという方にピッタリです。

  • 第三部のおすすめポイント
  • 第三部のおすすめポイント02
  • 第三部のおすすめポイント03

上野 里裟さんの成長物語
~毎日の授業~

保育の勉強もがんばりたい。習い事もがんばりたい。どっちも譲れなかったから、第三部進学を選択しました。

上野 里裟
幼児教育学科 第三部(3年)
愛知・半田商業高等学校 出身

4歳から始めた習字、小学校の頃からやっている吹奏楽、そのどちらも辞めたくなくて、進学はどうしようかと悩んでいました。そんな時、オカタンには午前中で授業が終わる「第三部」があることを知りました。「これだ!」と、進学を即決。クラスメイトと関わる時間は短いけれど、とっても仲良し。みんな同じ夢を持っているので、お互い支え合うことができ、一緒に成長できています。

上野さんの1週間の時間割

  • 月・火・水
  • 木・金・土
月・火・水

月曜 1限パフォーミングボディ

入学前から調べて楽しみにしていた授業のひとつです。その予想は見事に当たり、友だちと一緒に子どもの気持ちになって体を動かすことは本当におもしろい!発表もありますが、見ているみんなが盛り上げてくれるので、緊張したって大丈夫です。

火曜 1限幼児体育Ⅱ

鉄棒やフラフープなど身近な遊び道具を使って、子どもが遊ぶ時の注意点や指導法を学びます。付属幼稚園の子どもたちを招いて実践もできるオカタンならではの授業。運動が苦手な子にどのようにアプローチすればいいか知ることができました。

水曜 2限幼児音楽Ⅱ

入学したらがんばろうと思っていたことのひとつが「ピアノ」。1回の授業で1,2曲の幼児曲を修得していきます。学修のテンポが速いなと感じるかもしれませんが、2~3名の先生がレベルに合わせてわかりやすく指導してくださるので安心です。

木・金・土

木曜 1限障害児保育Ⅱ

障害児保育Ⅱ最近の保育現場では、障がいを持つ子どもの受け入れが増えています。彼らにはどんな声掛けをしたらいいのか、ご家族にはどんな支援をしたらいいのか、その一つひとつをていねいに学修します。心理検査なども学ぶ本格的な授業です。

金曜 1限子どもの保健Ⅰ

乳幼児の生理機能や運動機能の発育・発達について学びます。授業では先生がご自身の子育ての体験談を語ってくださるので、具体的にイメージができて、興味津々。子どもが身につけるべき基本的生活習慣(手洗い、排せつなど)も同時に学びます。

土曜 1限保育実習指導Ⅰ(保育所)

保育実習指導Ⅰ保育実習に向けて、指導計画の立て方や記録の取り方を学び、教材も制作します。さらに実習後は先生方の指導を受けて、じっくりと自分の活動内容を振り返ります。この授業のおかげで、実習で気づいたことを着実に力に変えることができています。

上野さんの1日1DAY Schedule

07:30
地元の駅からJRと名鉄を乗り継ぎ、約1時間。
東岡崎駅から自転車に乗って、約15分でオカタンに到着します。
10:40
2限の授業は「幼児音楽Ⅱ」。毎週ピアノの課題曲に取り組みます。
大変だけど、初心者の私でもわかるように、やさしく指導してくれます。
12:10
お昼の時間は、友だちとの大切なひととき。アルバイトの話、授業の話、
なんでもあり! 授業で使ったシャボン玉で遊ぶことも。
13:10
サークルのミュージックバンドへ。私はトロンボーンを担当しています。
毎年秋にある大学祭が、1年の活動の中での一番のメインイベントです。
19:30
週に1回通っている書道は、リフレッシュできる大切な時間。
師範代をめざして、これからも続けていくつもりです。

多様な出会いと体験、
ゆとりある時間のなか、自分を見つめる。

幼児教育学科 第三部 学科長 野田 美樹

第三部には、さまざまな学生がいます。仕事をしている人、社会人だった人、ボランティア活動に力を入れている人など。こうした多様な学生同士の出会いや交流を通じて、貴重な体験や育ち合いができるのは、第三部ならではの魅力のひとつ。仲間や教員との関わりやふれあいをさらに深める目的で「クラス指導」の時間を設けています。3年間という時間を生かして、子どもの未来をつくる仕事の素晴らしさとやりがいに気づいてほしいのです。そして、自分を見つめ、保育者とは何か、どんな保育者になりたいのかについてじっくり考え、あなた自身の「自分成長計画」をつくり、実現してみませんか?

幼児教育学科 第三部 学科長 野田 美樹

ページの先頭へ

ページの先頭へ