お問い合わせ

幼児教育学科

幼児教育学科第三部

学業と仕事を両立し、即戦力の保育者へ。

企業の社員やアルバイトとして、実社会で働きながら、幼児教育を学ぶことができる第三部。
1週間のうち6日、午前中1日2時限の授業を受け、実習などを経て、「幼稚園教諭二種免許状」と「保育士資格」を3年間で取得します。
本学科で身につけた幼児教育の専門知識と実践力に加え、社会人として培ったスキルや広い視野を生かした即戦力となる保育者を養成します。

第三部のおすすめポイント

第三部では3年間をかけて学び、「幼稚園教諭」と「保育士」の資格取得をめざします。
午後の時間を生かして企業で働いたり、アルバイトするなど、働きながら学びたいという方にピッタリです。

  • 第三部のおすすめポイント
  • 第三部のおすすめポイント02
  • 第三部のおすすめポイント03

学びの特色

01.働きながら学ぶ自由なライフスタイル。
3年間をかけて学ぶため、授業は午前中に90分授業を2時限。その後は、社員やアルバイトとして働いたり、ボランティア活動や自習をしたり、自由に時間を使うことが可能です。また、大きな特徴は学生の年齢がさまざまなこと。発想も志向も違う学生同士が交流することで刺激し合い、新たな発見や感動に出合う機会も広がります。
02.教育の質や資格は第一部と同じ。
第一部と第三部の違いは卒業までの期間。教員をはじめ教育目標、学びの量や質はもちろん、卒業時に取得できる「幼稚園教諭二種免許状」「保育士資格」も同じです。自身を取り巻く環境や自分のペースを保ちながら、目標とする保育者をめざすことができます。
03.経済的な負担を軽減。
授業料も魅力のひとつです。3年間の学納金総額は第一部より約60万円低いため、経済的な負担は軽くなります。実社会で働きながら自力で学費を納め、本学科を卒業していく学生も多くいます。さらに1日の授業時間が短いことで、仕事と学業が両立しやすい点も見逃せない特色です。
ゆとりある時間を生かして、
やりたいことを全部実現させたい。
小久保 安純
幼児教育学科 第三部(3年) 
愛知・幸田高等学校 出身

小久保 安純

両親に金銭的な負担をかけたくないと思い、午後の授業がなく時間を自由に使える第三部で、勉強とアルバイトを両立しながら保育者をめざしています。学費の安さに加え、私が第三部に惹かれたのは、時間的なゆとりを生かしてボランティア活動や海外研修などにチャレンジできると考えたから。その思いを2年次の夏に実現。韓国への海外研修に参加し、現地の保育園などを見て回りました。3年間の学生生活で、やりたいことに果敢に挑戦し、充実した毎日を過ごしていきます。

my ALBUM 私のアルバム

私のアルバム
韓国への海外研修に参加した時、現地の学生さんがアテンドしてくれました。その彼らと一緒に撮った一枚。参加して、学習意欲が高まりました。
私のアルバム02
「大学生にしかできない、誕生日パーティーをやろう!」と計画して、実行した時の写真です。学内の大きなホールを貸し切って盛大に! 忘れられない思い出です。

小久保さんの1週間の時間割
※小久保さんが履修した2年次の時間割

月・火・水 木・金・土

月・火・水

月曜 1限
保育実習指導Ⅰ
月曜 1限 保育実習指導Ⅰ
保育実習に向けて、乳幼児の特徴や保育園の一日の流れなどを学び、実習に備えています。より良い実習にするためには、基本的な知識が身についていることが大事だと、幼稚園での実習で実感したばかり。特に、乳児への援助を再確認して、現場で学んだことを生かしたいと思います。
火曜 1限
幼児体育Ⅱ
付属幼稚園の子どもたちと二人一組になり、授業を行うこともあります。異年齢の子どもたちと一度に関わることができるので、年齢による発達の違いが如実にわかることもこの授業の魅力。予想以上の子どもたちの身体能力には驚かされます。的確な指導力が身につくと思います。
水曜 1限
子どもの保健Ⅰ・Ⅱ
水曜 1限 子どもの保健Ⅰ・Ⅱ
子どもの心身の健康をテーマに学びます。健やかな育ちのために最適な保育環境について考えることで、保育の意義まで見つめることができる授業です。乳児や幼児だけでなく、胎児についても学び、母親のお腹の中にいるときから子どもは母親を認識できると知り、驚きました。

木・金・土

木曜 1限
保育実習指導Ⅰ(施設)
福祉施設での実習がありますが、複雑な事情のある子どもたちが通っているので、幼稚園や保育園での実習とは違った注意が必要です。その注意点や施設についての基本的な知識を身につけるのがこの授業。プライバシーの保護や守秘義務などについても切り込みます。
金曜 2限
幼児音楽Ⅱ
保育の現場で欠かせないのが音楽のスキル。単純にピアノが弾けるだけではなく、子どもたちが歌いたい! 踊りたい! と思えるような表現力が必要です。この授業では、弾き歌いやバイエルを中心に練習します。自分自身も楽しんで演奏することが大事だと感じています。

多様な出会いと体験、
ゆとりある時間のなか、自分を見つめる。

幼児教育学科 第三部 学科長 野田 美樹

第三部には、さまざまな学生がいます。仕事をしている人、社会人だった人、ボランティア活動に力を入れている人など。こうした多様な学生同士の出会いや交流を通じて、貴重な体験や育ち合いができるのは、第三部ならではの魅力のひとつ。仲間や教員との関わりやふれあいをさらに深める目的で2017年度より「クラス指導」の時間を新たに設けることにしました。3年間という時間を生かして、子どもの未来をつくる仕事の素晴らしさとやりがいに気づいてほしいのです。そして、自分を見つめ、保育者とは何か、どんな保育者になりたいのかについてじっくり考え、あなた自身の「自分成長計画」をつくり、実現してみませんか?

幼児教育学科 第三部 学科長 野田 美樹

ページの先頭へ

ページの先頭へ