お問い合わせ

幼児教育学科

幼児教育学科第一部と第三部の違い

幼児教育学科の第一部と第三部って、何が違うの?
実は同じなんです、でもまったく違います。

幼児教育学科に設けられている第一部と第三部、何がどう違うの? という質問がよく寄せられます。実は、この2つ、保育士資格と幼稚園教諭第二種免許状の取得をめざすという点ではまったく同じ。学びの内容も先生もほとんど同じです。では、どこが違うのでしょう。
第一部は、1日1限から5限まで月曜日から金曜日までという時間割で、2年間かけて保育を学びます。第三部は、1日1限と2限、午前中のみ月曜日から土曜日までという時間割で、3年間かけて学びます。
そう、違うのは、この時間割なのです。第一部は凝縮された期間で憧れの職業への最短コースを歩みます。第三部では、講義のない午後の時間を生かして、託児所などのアルバイトやボランティア、企業で働くことなどが可能です。また、第三部は授業料も割安。保護者に負担をかけず、自力で働きながら学費を納めて卒業していく学生もたくさんいます。
さあ、あなたなら、どちらを選びますか?
あなたの過ごしたい学生生活に合わせて、自由に選んでみてください。

幼児教育学科第一部と第三部の違い

第一部と第三部、比較してみました!

  第一部 第三部
免許・資格 同じ
教員 同じ
時間割 1日5限 1日2限(午前中)
月~金 月~土
期間 2年間 3年間
特徴 ・2年間で保育者に
・保育者としての
即戦力を身につける
・午後の時間を有効活用
・授業料が割安
・即戦力と就労を活かしながら
社会力を身につけることができる

ページの先頭へ

ページの先頭へ