お問い合わせ

現代ビジネス学科

先輩からのメッセージ

大学での学びを生かして、
医療の現場で活躍する先輩の姿に、
後輩たちも意欲を高めています。

濱口 朋香・伊藤 望

学生時代に培った基礎力が、
毎日の業務に欠かせません。

OG

濱口 朋香
卒業生の先輩/安城更生病院 勤務

現代ビジネス学科
(2016年3月卒業)
愛知・知立高等学校 出身

学生時代に培った基礎力が、毎日の業務に欠かせません。

医療事務職員として診療科の窓口に立ち、外来の受付や診断書の発行などをおこなっています。実際の業務は臨機応変さが求められることばかりです。患者さんが持参される書類にはさまざまな種類があります。そのため患者さんにあった書類を作成することが大切です。さまざまなシーンに対応するために大切になってくるのは、ぶれない基礎を持っていること。この基礎力こそ、オカタンの授業で学んだ知識が基になっています。社会に出る前は不安かもしれませんが、現場ではオカタンで学んだすべてのことが役立ちます。伊藤さんも困った時、悩んだ時はオカタンの日々を思い出して頑張ってくださいね。

合格まで導いてくれる授業、
面倒見の良さが特長です。

新社会人

伊藤 望
後輩/医療法人大朋会 岡崎共立病院 勤務

現代ビジネス学科
(2017年3月卒業)
愛知・光ヶ丘女子高等学校 出身

合格まで導いてくれる授業、面倒見の良さが特長です。

先輩のお話を聞いて、やはり基礎は大切なのだと確信しました。私もオカタンの2年間を振り返った時、一番力を入れたのは「診療報酬請求論Ⅰ」などの基礎を固める授業です。その後、授業は段階的にレベルアップ。先生方のていねいな指導で、しっかりと各種医療事務検定の合格まで導いてくださるカリキュラムのおかげで無事、最高の結果を手にすることができました。さらに、目標に向かってコツコツと努力する力も身につけられたと思います。この授業で聞いた「医療事務職員が正しく業務を進めることで、ひいてはそれが医師や看護師などの専門職員を支えることになる」という言葉を胸に、今、一歩を踏み出します。

ページの先頭へ

ページの先頭へ