お問い合わせ

入試情報

入試要項・入試のポイント

岡崎女子短期大学のアドミッションポリシー(入学者選抜の基本方針)

全学アドミッション・ポリシー(全学AP)

本学への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 現代社会で求められる基本となる教養とコミュニケーション能力の基盤を持っている。
  2. 課題を発見し対応する力と主体的に学び続ける姿勢や意欲を持っている。
APⅡ:専門力
  1. 専門分野の知識・技能・態度の獲得に必要な基礎力を持っている。
  2. 職業人に求められる責任感・使命感・倫理観を理解し、受容する姿勢を持っている。
APⅢ:地域貢献力
  1. 地域社会のニーズを把握し、自己の役割・責任を果たすことへの意欲を持っている。
  2. 地域社会の出来事に関心を持ち、貢献する意欲・姿勢がある。
(「短大で獲得する力」や「学力の3要素」と全学APの関係)
全学アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
短大で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性
幼児教育学科第一部のアドミッション・ポリシー(AP)

幼児教育学科第一部への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(①)
  2. 物事を多面的に捉え、課題を発見し、自ら多様な人々と協働して解決する基礎的能力や姿勢を持っている。(②③)
APⅡ:専門力
  1. 保育の現場で必要とされる運動、音楽、造形などに関する、基礎的な実技能力を有している。(①)
  2. 自らの経験をもとに保育に対する関心を持ち、自ら学び続ける意欲を持っている。(②③)
  3. 社会における保育の意義について気づいている。(③)
APⅢ:地域貢献力
  1. 現代社会の諸問題を把握し、自ら改善策を考える姿勢を有している。(①②)
  2. 地域社会に深い関心を持ち、貢献する意欲がある。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科APの関係)
学科アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性

注:学科のアドミッション・ポリシーと入学選抜試験との関係は別途提示する。

幼児教育学科第三部のアドミッション・ポリシー(AP)

幼児教育学科第三部への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(①)
  2. 物事を多面的に捉え、課題を発見し、自ら多様な人々と協働して解決する基礎的能力や姿勢を持っている。(②③)
  3. 大学の学びと就労を両立しようとする意欲を持っている。(③)
APⅡ:専門力
  1. 保育の現場で必要とされる運動、音楽、造形などに関する、基礎的な実技能力を有している。(①)
  2. 自らの経験をもとに保育に対する関心を持ち、自ら学び続ける意欲を持っている。(②③)
  3. 社会における保育の意義について気づいている。(③)
APⅢ:地域貢献力
  1. 現代社会の諸問題を把握し、自ら改善策を考える姿勢を有している。(①②)
  2. 地域社会に深い関心を持ち、貢献する意欲がある。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科APの関係)
学科アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性

注:学科のアドミッション・ポリシーと入学選抜試験との関係は別途提示する。

現代ビジネス学科のアドミッション・ポリシー(AP)

現代ビジネス学科への入学者に以下の力や資質を求める。

APⅠ:人間力
  1. 高等学校で履修した国語、外国語などの科目について内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。(①)
  2. 物事を多面的に捉え、課題を発見し、自ら多様な人々と協働して解決する意欲を有している。(②③)
APⅡ:専門力
  1. ビジネスの現場で必要とされる基礎学力を有している。(①)
  2. 自らの経験とビジネスを結びつけ、課題を発見することができる基礎的能力と意欲を持っている。(②)
  3. 積極的に資格取得を目指すなど自ら学び続ける意欲と、他者と協調して問題解決に取り組む意欲を持っている。(③)
APⅢ:地域貢献力
  1. 現代社会の諸問題を把握し、自らの立場から改善策を考える意欲を持っている。(①②)
  2. 地域社会に深い関心を持ち、貢献する意欲を持っている。(③)
(「学科で獲得する力」や「学力の3要素」と学科APの関係)
学科アドミッション・ポリシー APⅠ APⅡ APⅢ
学科で獲得する力 人間力 専門力 地域貢献力
学力の
3要素
①知識・技能
②思考力・判断力・表現力
③主体性・多様性・協働性

注:学科のアドミッション・ポリシーと入学選抜試験との関係は別途提示する。

学科/募集人員/取得可能な免許・資格

学科 募集人員 修業年限 取得可能な免許・資格等
幼児教育学科 第一部 172名
(予定)
2年 幼稚園教諭二種免許状
保育士資格
ピアヘルパー
幼児教育学科 第三部 80名
(予定)
3年
現代ビジネス学科 50名
(予定)
2年 司書、サービス接遇検定、日商簿記検定
ファイナンシャル・プランニング技能検定
医療秘書技能検定、医科医療コンピュータ検定
医科医療事務技能者検定
CAD利用技術者試験 など
※募集人員変更予定(申請中)

岡崎女子短期大学入試のポイント

経済的支援制度

岡崎女子短期大学奨学生制度全学科対象
岡崎女子短期大学奨学生A:入学金全額・初年度授業料半額免除
岡崎女子短期大学奨学生B:初年度授業料半額免除

下記の(1)~(3)の試験の成績優秀者には、岡崎女子短期大学奨学生A(入学金全額・初年度授業料半額免除)・岡崎女子短期大学奨学生B(初年度授業料半額免除)の資格を与えます。

  • (1)岡崎女子短期大学奨学生選抜試験 平成31年2月17日(日)実施
    次の入試に合格し、入学手続きを完了した者で、希望する者
    「指定校推薦入試」、「一般推薦入試」、「AO入試(幼児教育学科Ⅰ期~Ⅲ期)」
    「AO入試(現代ビジネス学科Ⅰ期~Ⅴ期)」、「社会人入試Ⅰ期」
    選考方法:国語〈国語総合(近代以降の文章)〉(100点)、外国語〈コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・英語表現Ⅰ〉(100点)の総合点(200点)
  • (2)一般入試A日程・B日程
  • (3)大学入試センター試験利用入試Ⅰ期・Ⅱ期

※進級時に成績等による審査があります。

同窓子女減免制度全学科対象

いずれの入試で合格しても入学金が半額免除されます。
同窓子女とは、岡崎女子大学および岡崎女子短期大学に在籍中の者または岡崎女子大学および岡崎女子短期大学に在籍した者の二親等内の親族(姻族を除く)または岡崎女子短期大学付属幼稚園(嫩幼稚園・第一早蕨幼稚園・第二早蕨幼稚園)卒園者です。

出願時に「同窓子女証明書」の提出が必要です。

社会人減免制度全学科対象

社会人入試で合格すると入学金が半額免除される場合があります。
岡崎女子大学または岡崎女子短期大学の卒業生の場合は入学金が全額免除となります。

愛知県外出身者支援奨学金制度全学科対象

愛知県外に在住しており、入学後は自宅外または県外の自宅から通学する本学が指定する条件を満たした学生に、奨学金を支給します。詳細は入試広報課にお問い合わせください。0120-351018

※入学手続き時に審査があります。

受験生支援制度

複数受験検定料免除制度全学科対象

1回分の入学検定料で複数の入試を何度でも受験できます。

入学検定料35,000円を1回支払えば、2回目以降は何度受験する場合でも入学検定料を支払う必要はありません。また、岡崎女子短期大学の1回分の入学検定料で、岡崎女子大学を受験することも可能です。

大学入試センター試験利用入試のみ受験の場合は入学検定料20,000円です。
大学入試センター試験利用入試を受験した後、一般入試などを受験する場合は、その差額15,000円が必要となります。

同時出願全学科対象

次の入試は同時に出願が可能です。複数出願をしても、調査書等の出願書類は1通です。

対象となる入試
一般入試 A日程・B日程、大学入試センター試険利用入試Ⅰ期

※「大学入試センター試験利用入試Ⅱ期」は同時に出願はできませんので、改めて出願書類を提出してください。

入学手続延期制度全学科対象

次の入試の合格者で、手続締切日までに所定の手続きを行えば、入学手続締切日の延期が可能です。
詳細は入試広報課までお間い合わせください。

対象となる入試
一般入試 A日程・B日程、大学入試センター試験利用入試Ⅰ期
入学金振替制度全学科対象
入学金振替制度
全学科対象
岡崎女子短期大学と岡崎女子大学の複数学科に合格した場合

すでに納入した入学金を別の学部・学科への入学金として振り替えることができます。
ただし、岡崎女子短期大学幼児教育学科第三部を岡崎女子短期大学幼児教育学科第一部、現代ビジネス学科、岡崎女子大学子ども教育学科のいずれかに振り替える場合は、その差額を納入する必要があります。詳細は入試広報課までお問い合わせください。

第二志望出願制度幼児教育学科第一部・第三部対象
第二志望出願制度
幼児教育学科第一部・第三部対象

次の入試において、岡崎女子短期大学幼児教育学科第一部または第三部と岡崎女子大学の間で、相互に第二志望出願ができ、1回の出願で岡崎女子短期大学幼児教育学科第一部または第三部と岡崎女子大学を志願することができます。岡崎女子短期大学の学科間での第二志望出願はできません。

  対象となる入試
岡崎女子短期大学 一般入試 A日程・B日程、大学入試センター試験利用入試Ⅰ期
岡崎女子大学 一般入試Ⅰ期 A日程・B日程、大学入試センター試験利用入試Ⅰ期
  1. ※第一志望学科に合格した場合は、第二志望学部の合否判定は行いません。
  2. ※第二志望学部への出願に入学検定料は必要ありません。
第一志望 第二志望
岡崎女子大学
岡崎女子短期大学 幼児教育学科第一部
幼児教育学科第三部
現代ビジネス学科 ×

○印は第二志望出願可、×は不可

指定校推薦入学者奨学生制度現代ビジネス学科対象
指定校推薦入学者奨学生制度
現代ビジネス学科対象

現代ビジネス学科の指定校推薦入学者で、高等学校の評定平均値が3.8以上の者、または出願時に全国商業高等学校協会の検定試験の3種目以上に合格している者は、初年度授業料が半額免除されます。
※進級時に成績等による審査があります。

対象となる全国商業高等学校協会の検定試験

  • 珠算・電卓実務検定試験1級(普通計算部門・ビジネス計算部門)〔珠算〕
  • 珠算・電卓実務検定試験1級(普通計算部門・ビジネス計算部門)〔電卓〕
    ※珠算・電卓実務検定試験は普通計算部門・ビジネス計算部門の2部門合格で1級取得。
  • 簿記実務検定試験1級
  • ビジネス文書実務検定試験1級(ビジネス文書部門・速度部門)
  • 英語検定試験1級
  • 情報処理検定試験1級(プログラミング部門)
  • 情報処理検定試験1級(ビジネス情報部門)
  • 商業経済検定試験1級
    [マーケティング、経済活動と法、ビジネス経済、ビジネス経済(応用)]のうち、2科目に合格で1級取得。
資格試験合格者奨学生制度現代ビジネス学科対象
資格試験合格者奨学生制度
現代ビジネス学科対象

出願時に次に指定する資格・技能検定試険のいずれかに合格している者は、初年度授業料が半額免除されます。

秘書技能検定準1級、日商簿記検定2級、ITパスポート、基本情報処理技術者試験

※進級時に成績等による審査があります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ