お問い合わせ

入試情報

学納金・奨学金制度について

学納金(平成29年度入学者の例)

  幼児教育学科第一部・現代ビジネス学科
1年次 2年次
入学金 280,000円 -
授業料 630,000円 630,000円
施設費 270,000円 270,000円
教育充実費 85,000円 85,000円
合計 1,265,000円 985,000円
  幼児教育学科第三部
1年次 2年次 3年次
入学金 190,000円 - -
授業料 340,000円 340,000円 340,000円
施設費 85,000円 85,000円 85,000円
教育充実費 65,000円 65,000円 65,000円
合計 680,000円 490,000円 490,000円

入学金は入学手続締切日までに納入。
授業料と施設費、教育充実費は毎年度、前期(納入期限4月30日)及び後期(納入期限10月31日)の年2回に分けて納入。

奨学金制度

岡崎女子大学・岡崎女子短期大学 奨学生制度

本学が指定する入試等の成績上位者に対して、初年度の授業料等を減免する制度です。
(2年次以降、継続についての審査があります)

日本学生支援機構奨学金

経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、学資として奨学金を貸与します。無利子の「第一種」と有利子の「第二種」があります。

【貸与第一種】

月額…30,000円(自宅・自宅外)、大学:54,000円(自宅)・64,000円(自宅外)、
短大:53,000円(自宅)・60,000円(自宅外)から選択(無利子)

【貸与第二種】

月額…30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択(有利子)

あしなが育英会

進学を希望している、経済的に苦しい遺児等に対して貸与されます。奨学金は無利子で貸与され、卒業後20年間かけて分割返還します。

【貸与】

月額…40,000円(一般貸与)または50,000円(特別貸与)(無利子)
入学一時金…400,000円(無利子)

(財)横山育英財団

学業、人物ともに優秀で、経済的理由により修学が困難な学生に対して支給される奨学金です。

【支給】

月額…大学:18,000円 短大:14,000円

岡崎市奨学資金

経済的な理由で修学が困難だが、修学意思が強く、成績優秀な学生に対して貸与される奨学金。保護者が岡崎市内に1年以上住んでいる方に限ります。

【貸与】

年額…400,000円(無利子)

豊田市奨学金

成績優秀で経済的理由により修学が困難な学生に対して、支給されます。保護者が豊田市内に1年以上住んでいる方に限ります。

【支給】

月額…22,500円

交通遺児育英会

保護者等が道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺障害のため働けなくなったり、経済的な理由で修学が困難な学生に対して貸与される奨学金。

【貸与】

月額…40,000円、50,000円または60,000円から選択(無利子)
入学一時金…400,000円、600,000円または800,000円から選択(無利子)

愛知県外出身者支援奨学金制度

愛知県外出身の方が入学後の下宿代や通学費などに充当できる奨学金制度です。

【申請資格】

以下の①~④すべての条件を満たしていること。

  • ①本学の入学試験(社会人入試、協力企業特別推薦入試は除く)に合格し、入学する者
  • ②愛知県外(国内)の高等学校または中等教育学校(いずれも通信制を除く)を卒業見込みの者、 または卒業した者
  • ③本人と生計を同じくする父母または父母の代わりに生計を支えている者が愛知県外に居住し、入学後は自宅外(下宿)または県外の自宅から通学する者
  • ④③の父母などの「最新の市区町村発行の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した 金額が下記に該当する者
    ・給与・年金収入金額(課税前): 840万円未満
    ・その他、事業所得金額: 350万円未満
【支給期間】

原則として正規在学期問 ※毎年の進級時に受給資格の継続審査があります

【選考方法】

申請書類に基づき、受給資格について審査し、入学後に正式決定

【支給方法・時期】

入学後、6月と12月の2回に分けて支給します。

【支給】
大学 子ども教育学部 年額24万円(給付)
短大 幼児教育学科第一部・
現代ビジネス学科
年額18万円(給付)
幼児教育学科第三部 年額12万円(給付)

※各奨学金制度には申込期限があります。また、各奨学金制度の内容は変更される可能性もあります。
※その他、各市町村にも奨学金制度がありますので、各市町村へお問い合わせください。

ページの先頭へ

ページの先頭へ